FireTVを知る

【最新モデル】「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」の2つを比較!

更新日:

2017年10月に4K対応モデルに新型が登場。

そのため「4Kモデルか? Stickタイプか?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」の比較表を確認しつつ、どちらを選ぶべきか解説してみました。

自分はどちらが向いているか考えるのに使ってみてください!

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」のスペック比較表

Amazon Fire TV
(4K・HDR対応モデル)
Fire TV Stick
商品画像Amazon Fire TVFire TV Stick
価格8,980円4,980円
解像度最大 4K Ultra HD 60fps最大 1080p 60fps
4K HDR-10対応
プロセッサ/CPUクアッドコア 1.5GHzクアッドコア 1.3GHz
メモリ2GB1GB
ストレージ/容量8GB8GB
オーディオ/音質Dolby AtmosDolby Audio
保証期間1年90日
wi-fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
リモコン音声認識リモコン音声認識リモコン
公式HP

公式サイトへ

公式サイトへ

※赤背景になっている部分はより高性能、もしくは優れている部分です。

ざっくり見ただけでも分かりますが、性能面でFire TV Stickが勝っている部分はありません。(同水準なものはストレージやwi-fiなどありますけど)

そのため選ぶ場合は『性能か、値段か』。ここが重要なポイントになってくるかと。

さっそくどう違うのか掘り下げていきたいところですが、その前に表からは読み取れない共通して注意しておきたい部分をまず解説しちゃいますね。

有線LANでのネット接続にはイーサネットアダプタ(別売)が必要

FireTVシリーズを使うためには無線LANなどのネット環境が必須です。

そしてFireTVシリーズは本体にLANケーブルの接続端子がないため、有線でのネット接続ができません。

ただし別売のイーサネットアダプタと呼ばれるものがあれば有線LANを利用することができます。

もし無線環境が整っていない場合は忘れずにイーサネットアダプタを一緒に手に入れておきましょう。

※下記はここで紹介している「Amazon Fire TV」、「Fire TV Stick」どちらにも対応しています。

内容物はどちらもほぼ同じ、HDMIケーブルは不要

Fire TV Stick contents

※画像は「Fire TV Stick」の内容物です。

最新モデルのFireTVシリーズは共通して

  • 本体
  • 音声認識リモコン
  • 電池(リモコン用)
  • 電源アダプタ
  • USBケーブル

これらが同梱。

Fire TV Stickのみ延長用のHDMIケーブルが付属しています。

stick hdmi

Fire TV Stickは単体だと本体が邪魔になってテレビのHDMI端子に挿せないことがあるため同梱している様子。使いまわせるような汎用性はないためお得感はありませんね。

ストレージはアプリダウンロードでのみ消費、8GBでも十分

スペック比較表を見て「ストレージ8GBって少なくね?」と思った人もいるかもしれません。

実際多くはないのですが、動画を見るのにストレージが圧迫されることはありませんので問題ないです。(Netflixなどを見る場合はアプリをダウンロードしますが、せいぜい数十MBなので特に問題なし)

アプリゲームを大量にやる場合は物足りなさを感じるかも。

ただ遊んだアプリデータなどは無料のクラウドに自動で保存されていきますので、アプリの整理がしやすく8GBのストレージでも十分足ります。

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」の抑えておきたい違い

もう一度比較表をチェックしたい方はここをクリックorタップ!

Amazon Fire TV
(4K・HDR対応モデル)
Fire TV Stick
商品画像Amazon Fire TVFire TV Stick
価格8,980円4,980円
解像度最大 4K Ultra HD 60fps最大 1080p 60fps
4K HDR-10対応
プロセッサ/CPUクアッドコア 1.5GHzクアッドコア 1.3GHz
メモリ2GB1GB
ストレージ/容量8GB8GB
オーディオ/音質Dolby AtmosDolby Audio
保証期間1年90日
wi-fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
リモコン音声認識リモコン音声認識リモコン
公式HP

公式サイトへ

公式サイトへ

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」は表を見れば一目瞭然、結構な違いがあります。

ただ数字や言葉だけ見てもわからないことも多いハズ。

というわけで、抑えておくとFireTV選びに失敗しないポイントを詳しく確認していきましょう!

値段、4000円という価格差

正直「Fire TV Stick」を選ぶ理由はこの4000円という価格差一点のみです。

性能面で同水準はあれど勝っている部分は一つもありませんからね。

サイズもどちらも手のひらサイズで場所を取りませんし。

hand FireTVs

今後ハイスペックモデルの「Amazon Fire TV」、こちらのメリットを見ていきながら価格か性能どちらを選ぶか決めていくのが良い感じかと。

画質・解像度、テレビが4K・HDR対応かで評価が大きく変わる

正直ですね、現代のテレビ4K型が増えてきていますが何だかんだ言って1080p(フルHD)タイプのものを多いです。

ですので4Kモデルを手に入れても、最大のメリットである高画質を堪能できない人も多いでしょう。

もし持っているテレビやモニターが1080p(フルHD)対応型なら「Fire TV Stick」もありかと思います。

ただし4K・HDR対応テレビを持っているなら「Amazon Fire TV」が有力です。

せっかく高画質対応テレビなのに、その性能を腐らせてしまうことになりますからね。

プロセッサ・メモリ、処理速度は正直対して変わらない

プロセッサもメモリも「Amazon Fire TV」の方が高性能なためおそらく動作はより軽快なんだと思います。

ただぶっちゃけ動画を見る分にはどっちも高速だし、ストレスフリーなんですよね。

一応ストップウォッチで再生開始までの速度比べてみようと思ったんですが、どちらも0.1秒とかの世界で争うせいで比較しようがありませんでした(´・ω・`)

なんとなく思い込みかもしれませんが動画選択画面では「Amazon Fire TV」の方が早いかもってぐらい。

凄いグラフィックに力入れているアプリゲームをやったりすると流石に差が出てきますが、動画を見る分には特に違いはない感じしますね。

オーディオ・音質、わりと違うので要注意

Dolby AtmosとDolby Audioではアトモスさんのほうが高音質。

なんて趣旨でAmazonでは紹介されていますが、「本当かよ」って思いません? 私は思いました。

そこで違いが出やすいガルパン劇場版の戦車砲撃シーンを2つの端末で繰り返し視聴。(低音が強く迫力のあるシーンのため採用)

すると明らかに「Amazon Fire TV」の方が高音質なんですよ! 音が力強いというか聴いていて心地が良かったんです。

ただ思い込みの可能性もありますし、先入観を持たせないよう注意して両親にも聴いてもらいました。

すると父親は「4Kモデルのほうが迫力ある」と回答。

母親は「Stick版のほうが砲撃の音は好きだけど、全体的には4Kモデルのほうが高音質な感じ。違和感がなくて音のつながりが滑らかだから聴いてて気持ちが良い」と評論家ばりに答えてくれました。

多少聴こえ方に違いがあるみたいですが、とりあえず我が家では満場一致で「Amazon Fire TV」の方が高音質だという結果に。

人によって意見が変わるかもしれませんが、Dolby Atmos(4Kモデル)の方が十分高音質と言って良いかと思いますね。

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」はどちらがおすすめか

もう一度比較表をチェックしたい方はここをクリックorタップ!

Amazon Fire TV
(4K・HDR対応モデル)
Fire TV Stick
商品画像Amazon Fire TVFire TV Stick
価格8,980円4,980円
解像度最大 4K Ultra HD 60fps最大 1080p 60fps
4K HDR-10対応
プロセッサ/CPUクアッドコア 1.5GHzクアッドコア 1.3GHz
メモリ2GB1GB
ストレージ/容量8GB8GB
オーディオ/音質Dolby AtmosDolby Audio
保証期間1年90日
wi-fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac(MIMO)
リモコン音声認識リモコン音声認識リモコン
公式HP

公式サイトへ

公式サイトへ

ここまで性能などFireTVシリーズの違いに詳しく触れつつ解説してきました。

それでも「結局どっちにするか迷う!」という人もいるかと。

というわけで最後にFireTV選びに失敗しないよう、それぞれどんな人が向いているのかまとめていきますね!

「Amazon Fire TV」は動画をハイクオリティで楽しみたい人向け

Amazon Fire TV

  • 4K・HDR対応なため映像が美麗で滑らか
  • 音が心地よく、比較的高音質
  • 動作がどちらかと言えば軽快

4K・HDR対応テレビでなければ本領を発揮できませんのである程度環境に依存はします。

ただ音質なんかはどんなテレビでも差が出てきますから、音に拘りがある人は気をつけるべきポイントでしょう。

動作の軽快さに関しても動画を見る分にはそこまで恩恵を感じません。

4K・HDR対応テレビを持っているなら動画のクオリティが変わってくるので、より娯楽を楽しみたい人はこっち安定。

フルHDモデルのテレビしか無い場合は、音質に拘るならこっちって感じかな。

総じて少しでも動画をハイクオリティで楽しみたい方はこちらが向いているって感じですね。

Fire TV(4Kモデル)の購入はこちら

「Fire TV Stick」は安価でVODをテレビで見たい人向け

Fire TV Stick

  • 1080pに対応しているので十分キレイではある
  • 動作も軽いと言って差し支えないレベル
  • とにかく安い、4,980円(4Kモデルとは4000円差)

私は「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」どちらも使ったからこそ、クオリティの差に不満を感じてしまいますが、最初からStick版なら十分に感じるかと。

1080pってブルーレイ相当の画質ですから、汚いわけ無いですからね。

動作に関しても再生開始まで1秒も待ちませんし、特に気になりません。

これだけの性能のストリーミングデバイスが4,980円というのは中々ではあります。

ただやっぱり「Amazon Fire TV」と比べると間違いなく物足りなさはあるので、後々品質に不満を感じそうなら4Kモデルの方にしといたほうが無難かもしれません。

Fire TV Stickの購入はこちら

FireTVシリーズ購入前の注意点

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」の比較があらかた終わって、どちらにしようか迷っている方。

そのまま決めてしまってもいいんですが、その前にFireTVシリーズの共通する注意点を確認しておくと尚良いかも。

FireTVを使う上でよく疑問とされるものを紹介していくので気になるものがあればチェック!

FireTVシリーズを使うために必要なもの

  • インターネットWi-Fi
  • HDMI端子対応のテレビ

この2つがあれば使えます。

有線LANを利用したい場合は最初の方にも書きましたが別売のイーサネットアダプタを用意しておきましょう。(最新モデルのみ対応)

ちなみにHDMI端子対応のテレビと書きましたがPCモニターとかでもFireTV使えます。

流石にノートパソコンとかはムリですけど、あくまでモニターなら可能です。

FireTVはプライム会員じゃなくても使える

FireTVシリーズはAmazonアカウント必須ですが、必ずしもプライム会員になっている必要はありません。

※プライム会員

Amazonの有料会員のこと。
年会費4,900円のプランか、月額500円のプランが選べる

ただしプライム会員になっていたほうが、よりFireTVを楽しめるのも事実です。

FireTVを起動すると上記のような動画選択ページが表示されます。

ここの並んでいる動画はプライム会員対象作品で、プライム会員なら見放題。そうでないなら有料という作品です。

ドラマなら1話200円、映画なら一本500円程度しますので色々な動画を楽しむならプライム会員のほうがお得。

もちろんHuluやNetflixなども使えますが、それらは別途アプリを起動して別ページにいかないと見れないので、この動画一覧には表示されません。

よりFireTVを楽しむと言うならプライム会員になっておいたほうが良いよって感じですね。

年齢制限などの機能制限を付けることが可能

お子さんがいる家庭向けにFireTVは機能制限を設けることができます。

具体的には『商品購入、アプリ起動、ティーン以上にレーティングされたAmazonビデオの再生』にパスワードを設定する機能です。

設定ページから個別に許可するかどうかを決めることもできるため、結構良い機能かと。

特に商品購入の制限はオンにしておかないと、Amazonアカウントに紐付けられたクレジットカードから支払いができてしまうので、いつの間にか結構お金使ってたなんてことがありえます。

複数人で使う場合は機能制限は有効活用したいシステムですね。

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」比較まとめ

  • Amazon Fire TVの方が動画をより高品質で楽しめる
  • Fire TV Stickは性能で劣るが4000円安い
  • 結局、4000円を取るか、動画のクオリティを取るか

最終的にはお金の問題になってきちゃいますね。

「Amazon Fire TV」の方は一度手に入れてしまえば満足度は高いですが、お金の問題が。

「Fire TV Stick」の方は4000円安いですが、使っていく内に不満を感じる可能性が。

高音質・高画質・ハイスペックを選ぶか、安さを選ぶかはあなた次第です!

FireTVシリーズ比較

-FireTVを知る

Copyright© テレビで楽しむVOD , 2019 All Rights Reserved.